過去の梅だよりはこちらからご覧下さい。   2009年2008年2007年2006年2005年

2010年02月16日

梅便り 2月号

もう平成22年1月が過ぎ2月に入りました。

1月は行く・2月は逃げる・3月は去ると聞きますが、

「え〜 もう2月!!と思う程1日が早く過ぎて行ってしまいました

梅の花も咲き始め、剪定作業を急ピッチで行わなければ

いけないのですが・・・、金柑の収穫作業もまだ残っているので、

2つの作業を同時進行です。本当は花が咲く迄に終らせたかったのですが、

昨年は秋以降雨が多く、梅干し作業が思う様に進まず、

色々な作業が遅れています。 

3月には、確定申告もあるので、そちらの方も始めないといけないし・・・

やはり、のんびりはしていられませんね。

梅の花が咲き始めると私達と一緒に仕事をしてくれるのが、ミツバチです。

私達以上の仕事をしてくれます。ミツバチが花粉を集めて、

受粉することによって、今年の梅の収穫量にも影響があります。

(風による自然受粉もありますが・・・)

ミツバチは12℃以上の暖かい日に飛びます。一生懸命仕事を

してくれるミツバチに感謝です。

12月から採り始めた完熟の金柑をご注文頂いたお客様から、

「完熟の金柑は、美味しい!!」と

お褒めの言葉を頂き「金柑の甘煮」の作り方を教わりました。

お酢を入れて煮るのですが、凄く美味しいです。

今月はこの「金柑の甘煮」をご紹介します。

材料 ◎金柑1kg ◎砂糖(グラニュー糖)500g

          (私は250gで作りました。)

    ◎ 米酢 150〜200cc

 1 金柑を洗ってヘタを取り、表面を竹串で突く(破裂をさけるため。)

 2 鍋に湯を沸かし金柑を入れて、サッとゆがきザルに入れる。」

    (苦味をとるため)

 3 砂糖・酢を鍋に入れて金柑を入れて、弱火で20分煮る。

 4 出来上がった金柑を煮沸したビンに入れて、

   冷蔵庫で保存する。早めに食べる事をお奨めします。

  ぜひ、お試し下さいね。

hana2.JPG  kinkanni.JPG

今日は風もありましたが、

ミツバチが飛んでいました。      金柑の甘煮です。